都市型MICE誘致を目的とした組織「DMO大阪梅田」多言語対応のWebサイト制作 - 阪急阪神マーケティングソリューションズ

hhms: 阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社 logo main

都市型MICE誘致を目的とした組織「DMO大阪梅田」多言語対応のWebサイト制作

client :
阪急阪神不動産株式会社/DMO大阪梅田
DMO大阪梅田

【概要】

阪急電鉄・阪神電気鉄道・JR西日本では、これまで梅田エリアの都市魅力創造と国際競争力向上を目指し、エリア内の関係者と連携して様々な取り組みを推進してきましたが、このたび同エリアへの都市型MICE誘致を目的とした組織「DMO大阪梅田」を発足しました。当社には発足に伴ってブランドパーパス開発や、Webサイトの構築領域をご依頼いただきました。

 

※MICE(マイス)とは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称です。

 

【アウトプット】

「DMO」とはDestination Management Organizationの略で、地域の観光資源に精通し、観光まちづくりを行う組織を指し、魅力的なMICEの開催をエリア全体でサポートしながら、国際交流拠点としての梅田エリアのブランド価値向上に貢献していくことを目的としています。

ブランドパーパス開発の一環としての「DMO大阪梅田」ロゴマーク制作では、大阪・梅田が起点となり、様々な出会いや体験が生まれ混ざり合う様子を梅の花に見立て、2024年に誕生するうめきた2期地区のランドスケープや環境への関心の高まりを意識し、循環するような形状に仕上げました。名刺や封筒など印刷物の制作も行っています。

Webサイトは、ターゲットやベンチマークからユーザーのカスタマージャーニーを設計してサイトデザインへ落とし込みを行い、サイト内のライティングも英語の翻訳手配を含めて実施しました。プランナー領域で同時進行していくコンセプト設計を取り込みながら、段階的にリリースとアップデートを行っています。国内外へ向けた大阪梅田エリアのMICE施設(ホテル・会議施設)やMICE関連施設(飲食・物販・エンターテインメント)、付帯サービス(レセプションの際に利用可能なコンテンツなど)の情報発信を通して大阪梅田でMICE開催することの価値を届けるために最適なサイト設計に。また、Cookie情報の取得に関する法規制に対応するため、Cookie同意管理ツール「OneTrust(ワントラスト)」も導入しました。

 

■DMO大阪梅田

https://dmo-umeda.jp/

 

【当社の担当領域】

・Webサイト制作/ネイティブ翻訳による多言語対応(英語)

・ブランドパーパス開発

・DMO大阪梅田のロゴ制作、印刷物制作(名刺・封筒など)

・Cookie同意管理ツール「OneTrust(ワントラスト)」導入支援

 

【効果・成果】

Webサイト制作に伴い、英語対応も見据えたCMS設計により、運用も事務局にて効率良く対応できる構築を行っています。「DMO大阪梅田」のプラットフォームとして、今後もクライアントに併走しながらWebサイトのアップデートも手がけていく予定です。

DMO大阪梅田