hhms: 阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社 logo main

企業理念

ミッション

新しい文化を、共に創る。

阪急阪神マーケティングソリューションズの母体である、 阪急阪神ホールディングスグループとエイチ・ツー・オー リテイリンググループは、 鉄道、百貨店、スーパーマーケット、住宅・都市開発、エンタテインメント、旅行、ホテルなどの事業を通じて、豊かな生活文化の発展に寄与してきました。 私たち阪急阪神マーケティングソリューションズも、価値創造のパートナーとして、 クライアントと共に、生活者と共に、新しい文化を創り、世の中を楽しくする存在でありたいと考えます。

ビジョン

ブランドの存在価値を原動力に
解決策を考える
パーパス・ドリブン・
マーケティング・カンパニー

人々が商品やサービスを選ぶ時、品質や価格だけではなく、 それらが自分の生活や社会にどのような意味を与えるのかを考える時代になりました。 企業・ブランドはなんのために存在するのかが問われています。 それに答えていくために、私たちは、生活者に対する観察・共感から、その内面を探ります。 そこから企業・ブランドがどんな価値を提供できるかを考え、その価値を大きく育て、 社会に良い影響を拡げる、そんなマーケティングを行っていきます。

この活動の出発点になるのは生活者に関するデータです。 当社は、母体である阪急阪神ホールディングスとエイチ・ツー・オー リテイリング、 両グループの事業を通じて蓄積されるデータ資産をはじめとする様々なデータの活用力を新たな強みとしていきます。

データを活用した生活者理解に基づき、社会・企業の課題を発見。 そこから見出した商品・サービス等のブランドの存在価値(パーパス)を原動力として解決策を考える「パーパス・ドリブン・マーケティング・カンパニー」として、 ブランドやビジネスの価値開発の段階から体験の仕組み作り、 広告コミュニケーションまで幅広い事業展開を目指します。

vision_flow
データ
社会の動向、生活者の意識や行動をつかむ。
インサイト
データから生活者の内面を読み解き、
クライアントの課題を見つける。
ブランドパーパス
クライアントが商品・サービスを通じて提供する
独自の価値(=ブランドの存在価値)を明確にする。
コミュニケーションデザイン
クライアントの独自価値を伝えるために、生活シーンの中からメディアを選んで組み合わせ、それぞれに応じたクリエイティブで、生活者の行動を促す。
ビジネスデザイン
メディアとクリエイティブという枠を超え、生活者がクライアントの独自価値を体験化する仕組みを作り出す。

バリュー

私たちが掲げるmissionvisionを実現するために、4項目のvalueを設定しています。これは、クライアントや社会に対するhhms:としての約束であり、社員一人ひとりの行動指針です。

  • 挑戦を楽しむ

    理想を描き、諦めることなくやり抜く。

  • 機敏に行動

    判断力を磨き、自発的に動く。

  • 専門家集団

    高度なスキルを身につけ、チームワークで解決する。

  • 誠実な姿勢

    約束を守り、クライアントや社会のためにベストを尽くす。