「阪急電鉄の座席指定車」だからこそ提供できる価値=”自分時間”をコンセプト化 - 阪急阪神マーケティングソリューションズ

hhms: 阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社 logo main

「阪急電鉄の座席指定車」だからこそ提供できる価値=”自分時間”をコンセプト化

client :
阪急電鉄株式会社

【概要】

阪急電鉄初の有料座席指定サービス『PRiVACE(プライベース)』の導入サポート

 

【アウトプット】

2024年夏、阪急電鉄京都線に阪急電鉄初の座席指定サービス『PRiVACE(プライベース)』が導入されます。当社では、サービスの導入に向けてコンセプト策定、サービス内容・ロゴデザイン・ビジュアル策定、動画制作、各種プロモーションの設計など、さまざまな領域に携わりました。

メイン・サブターゲットをリサーチして「座席指定サービス」のニーズを把握。現代人のライフスタイルに合わせた”移動時間”をコンセプト化し、阪急電鉄の創業時からの思いを組み込みながら、阪急電鉄だからこそ提供できる価値を設計しています。

 

『PRiVACE(プライベース)』について

「座席指定サービス」のニーズを調査したところ、ターゲット層は電車での移動時間に「自分時間」を求めていることから、コンセプトを「日常の“移動時間”を、プライベートな空間で過ごす“自分時間”へ」に決定。「PRIVATE(プライベート)」と「PLACE(場所)」を掛け合わせて新サービス名を『PRiVACE(プライベース)』とし、“自分時間”が過ごせるプライベートな空間を表現しました。

 

阪急電鉄京都線 座席指定サービス PRiVACE -プライベース-

https://www.hankyu.co.jp/privace/

 

【当社の担当領域】

・「座席指定サービス」のターゲットとニーズの把握

・コンセプト策定

・ブランドストーリー設定、動画制作

・サービス内容、ロゴデザイン、ビジュアル策定

・サービスサイト制作

・WEB広告、交通広告など各種プロモーション施策

 

【効果・成果】

まずは新サービスの導入に向けて、「阪急電鉄だから提供できる座席指定サービス」のコンセプト化と各種プロモーション媒体の企画・制作に貢献することができました。近年高まっている「プライベート空間を確保したい」「着席してゆったりと移動したい」というお客様のニーズにお応えできるよう、今後も『PRiVACE(プライベース)』のブランド展開をサポートしていきます。