阪急阪神MEETS内に新たに誕生した「NORIBA10 umeda」アクセシビリティにも考慮したWebサイト制作 - 阪急阪神マーケティングソリューションズ

hhms: 阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社 logo main

阪急阪神MEETS内に新たに誕生した「NORIBA10 umeda」アクセシビリティにも考慮したWebサイト制作

client :
阪急阪神不動産株式会社

【概要】

阪急阪神MEETS内、阪急大阪梅田駅の2階中央改札口外側すぐの一角に開設した「NORIBA10 umeda(ノリバ テン ウメダ)」。当社にはWebサイト構築領域をご依頼いただきました。

 

【アウトプット】

「NORIBA10 umeda(ノリバ テン ウメダ)」は、多くの人たちの未来へと向かう『のりば』でありたいという願いを込めて、阪急大阪梅田駅の9号線に続く『10番目ののりば』をイメージし、ネーミングされました。また国内外の新規事業担当者、スタートアップ、投資家、学生、アーティスト、クリエイターなどが招待会員として集い、それぞれが持つ課題と思いを共有するとともにアイデアを試行錯誤し、情報発信し、交流を重ねることで、新しい変革を生み出す場所として活用するほか、社会実装を目指す新しい技術や商品・サービス等の評価を得る実験場としても利用していくという思いがあります。

その思いをサイトで実装するにあたり、コンセプトに沿ったユニバーサルなユーザビリティや、デザイン設計、サイト設計を目指しました。イベントやレポートなどの情報、招待会員制の「Co-creation-LAB」であることを的確に伝えることができるサイト設計であることはもちろん、あらゆる人が使用しやすいサイトを目指し、アクセシビリティにも考慮しています。また、自動翻訳ツールにより多言語対応も実装し、外国人ユーザーへの対応も実施しました。Cookie情報の取得に関する法規制に対応するため、Cookie同意管理ツール「OneTrust(ワントラスト)」も導入しています。

 

■NORIBA10 umeda(ノリバ テン ウメダ)

https://noriba10.jp/

 

【当社の担当領域】

・Webサイト制作

・ブランドパーパス開発

・撮影 

・Cookie同意管理ツール「OneTrust(ワントラスト)」導入支援

 

 

【効果・成果】

担当者が運用しやすいCMS構築を行っています。施設開設後は撮影も行い、より情報が伝わるサイトへアップデートも実施。今後もクライアントに寄り添いながら「NORIBA10 umeda(ノリバ テン ウメダ)」の認知拡大やアップデートを行っていきます。

NORIBA10 umeda