hhms: 阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社 logo main

阪急電鉄 交通広告

阪急電鉄 交通広告
西日本屈指のターミナル駅である大阪梅田駅を拠点に、神戸・宝塚・京都を結ぶ阪急電鉄

阪急電鉄は、大阪梅田駅を拠点に京都(京都河原町駅)、神戸(神戸三宮駅)、宝塚(宝塚駅)、千里(北千里駅)など、関西圏の中でも人口集積度の高い北西エリアを主体として走行しています。また、京都線・千里線の一部がOsaka Metro (地下鉄)の堺筋線と相互乗り入れしています。

関西圏の「住んでみたい街」(MAJOR7/2020年調査)ランキングにおいては、5年連続トップの「西宮北口」をはじめ多くの沿線エリアが上位を占め、関西圏の中でも人口集積度の高い地域となっています。阪急は芦屋、西宮北口、宝塚などの高級住宅街を走行し、阪急百貨店などのイメージもあり富裕層をターゲットした展開に適しています。また、沿線には大阪大学、神戸大学、関西学院大学、関西大学など学生数の多い有名大学が立地しており、多くの学生が通学に利用していることから、若年層をターゲットとした展開にも適しています。

当社は阪急電鉄 交通広告の総代理店です。お客様の目的とターゲットに対応した的確なプランを組むことで、広告効果を増大させることができます。

広告商品

阪急電鉄の広告には、車両メディア、駅メディア(駅貼)、駅メディア(SP)、駅メディア(デジタルサイネージ)、沿線情報紙、ネットワーク広告の6つのメニューがあります。

沿線情報

住みたい街ランキング
男女比
乗降ランキング