hhms: 阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社 logo main

交通広告

阪急の交通広告 OOH

HANKYU OOH
駅・車両・デジタルサイネージ・イベントスペース

大阪梅田駅を拠点に京都(京都河原町駅)、神戸(神戸三宮駅)、宝塚(宝塚駅)、千里(北千里駅)を走行し関西の北西エリアを主体としており、関西圏の中でも人口集積度の高い地域となっております。また京都線・千里線の一部がOsaka Metroの堺筋線と相互乗り入れしております。

関西圏の「住んでみたい街」(MAJOR7/2019年調査)ランキングにおいては、4年連続トップの「西宮北口」をはじめ多くの沿線エリアが上位を占め、関西圏の中でも人口集積度の高い地域となっています。阪急は芦屋、西宮北口、宝塚などの高級住宅街を走行し、阪急百貨店などのイメージもあり富裕層をターゲットした展開に適しています。

また、阪急の沿線には大阪大学、神戸大学、関西学院大学、関西大学など学生数が多い有名大学が立地しており、多くの学生が通学に利用していることから、若年層をターゲットとした展開にも適しています。

当社は阪急の交通広告の総代理です。お客様の目的とターゲットに対応した的確なプランを組むことで、広告効果を増大させることができます。詳しくは下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

(2018年通年平均 2018年11月13日調査)
1. 大阪梅田(508,862人) 2. 神戸三宮(105,176人) 3. 西宮北口(100,207人) 4. 烏丸(80,508人) 5.京都河原町(77,379人)
(出典:ビデオリサーチSOTO/ex 2018調べ)
男性64.4%(40代21.9% 50代12.0% 30代11.2%)
女性35.6%(20代10.7% 40代10.3% 50代5.6%)
(出典:MAJOR7(大手不動産7社)による調査 2020年)
1. 西宮北口(阪急) 2. 夙川(阪急) 3. 大阪梅田(阪急) 4. 岡本(阪急) 5. 御影(阪急)

広告商品

阪急の広告は、下記のデジタルサイネージ、駅貼、SPメディア、イベントスペース、車両広告の5つのメニューがございます。

Media Guide “OOH2” 2020年度版

  • デジタルサイネージ

    駅構内の主要な場所に設置されたディスプレイに表示する視認性の高い広告です。
    詳細はこちら

  • 駅貼

    インパクトのあるビジュアルにより強いメッセージが発信出来る駅広告の中で短期プロモーションに最適です。
    詳細はこちら

  • SPメディア

    駅構内の壁面、柱、フラッグなどを活用しメッセージを発信する駅広告をSPメディアと総称しています。
    詳細はこちら

  • イベントスペース

    関西有数の待ち合わせスポット ビックマン広場など大阪梅田駅や阪急沿線のイベントスペースです。
    詳細はこちら

  • 車両広告

    中吊やドア横額面をはじめ、ビジョン・ステッカーなど種類が豊富で、繰り返し広告接触することで反復効果が見込めます。
    詳細はこちら