hhms: 阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社 logo main

企業が動画活用する
メリットとは?
注意点と成功の
ポイントをご紹介
2022.06.07

スマホや動画編集アプリ・サービスの普及などにより、撮影・編集のハードルは下がっています。動画広告などのプロモーション領域だけでなく、サービスや商品紹介動画、採用を目的としたリクルートムービー、プレゼンテーションへの活用など、企業の動画活用領域も拡大しています。いっぽうで、課題を抱える企業も増えています。動画活用のメリットや注意点、成功のポイントをしっかりおさえて動画活用に取り組むことをおすすめします。

なぜ動画を活用する企業が
増えているのでしょうか

動画は静止画のクリエイティブと比べて、制作の工数も多くかかり、スキルが必要です。それなのに動画を活用する企業が増えているのには理由があります。動画を活用することで御社のプロモーション活動の成果がより高まる可能性がありますので、ぜひチェックしてみてください。

① 情報伝達力に優れている
ある研究では、1分間の動画から伝わる情報量は、文字に換算すると180万語になるとの結果も出ています(※)。文字では伝わりづらかったり、理解に時間がかかることでも、動画なら的確に伝えられる可能性があります。 (※ アメリカの調査会社、Forrester ResearchのJames L. McQuivey博士が2014年4月に発表した研究結果より)

② 動画プラットフォームの多様化と環境の変化
YouTubeやSNSで活用されているのはもちろんですが、今後、高速・大容量通信ができる5G(第5世代移動通信システム)の普及により、プラットフォームの充実もますます加速することが予測されています。

③ 動画視聴が習慣化しており、ニーズが高い
動画は情報伝達力が高いため、情報収集の目的で動画を視聴する習慣も増えています。ユーザーが動画にふれる時間はますます増えることが予測されています。

企業が動画を活用するにあたり
課題となりがちなこと

動画を活用しよう!と決まっても、以下のような問題で悩む企業も多いようです。

① アイデアの不足
無料ツールも数多くあり、動画編集はスマートフォンやPCで簡単に行えるようになりました。しかし、オリジナリティが出せない、他社と差別化するにはどうしたらよいだろうなど、まずアイデア出しでつまずいてしまう企業が増えています。

② リソース不足や撮影ノウハウの不足
社内に撮影や編集をできる人がいない、どんなスキルが必要か分からない、とにかく早く動画を仕上げたい…など、リソースやノウハウ面の不足も課題となりがちです。

③ 撮影後のレタッチ技術の不足
動画は思わぬ写りこみによる肖像権、楽曲の使用など、気を付けなければいけない点が数多くあります。時間とコストをかけて作成した動画がトラブルの元となる可能性も。解決するにはレタッチで修正を行うか再撮することになりますが、どちらにしても時間とさらなるコストがかかってしまいます。

④ マーケティング領域の課題
企業が動画活用を行う際は何らかのゴール(目標とする成果)があるはずですが、動画を見てもらうためのプラットフォームは自社サイトへの実装からYouTubeなど多様化しており、適切なものを選ぶ必要があります。

企業が動画を活用するにあたり
注意すべきポイントとは?

動画制作や活用は「事前準備」が重要
動画制作は、事前準備を入念に行うことがとても重要であると言われています。なぜでしょうか?その理由は「動画は一度すすめると工程を戻すことが困難」であり、作業に多大な時間やコストを要するため、ひとつひとつの工程を企画通り確実に実行していく必要があるためです。あのシーンを撮っておけばよかった、思っていたものと違うイメージの映像になってしまった、著作権のことを想定していなかった、など撮影や編集時に困らないよう、しっかりと企画を行いましょう。

動画制作の工程をしっかり把握しておく
動画の活用は大きく「企画と構成」「撮影」「編集とレタッチ」「掲載や広告配信」「効果検証」の5つの項目に分かれます。ひとつひとつの工程を企画通り確実に実行していくことが必要です。

注意すべきポイントや事前準備として必要な項目、動画制作の工程をまとめた資料を作成しております。ぜひダウンロードしてご活用くださいませ。