hhms: 阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社 logo main

hhms : オリジナルメディア

TOKK

TOKK(トック)は、宝塚・大阪・神戸・京都をつなぐ阪急電車の沿線エリアを中心に、グルメ、ニュース、イベントなどのお出かけ情報を配信するローカルメディアです。フリーペーパーのみならず、Web TOKK、TOKKアプリをはじめデジタルメディアでも展開。「読む楽しさ」「行く楽しさ」をお伝えするべく、様々な切り口、メディアで阪急沿線の情報をお届けしています。

京都・大阪・神戸に拡がる、「阪急・阪神沿線」の魅力

map

当社が属する阪急阪神東宝グループは、京阪神を結ぶ鉄道事業をベースに、四季折々の彩りを感じる自然環境や、歩んできた歴史を大切にしながら、魅力的な商業施設や沿線の宅地開発、宝塚歌劇や阪神タイガースなどのエンターテインメントを積極的に手掛け、住民の皆様と共に100余年の時をかけて、素敵な「沿線文化」を育んできました。
また、沿線には50近くもの高等教育機関が所在しています。関西主要都市を結ぶ利便性に加え、衣食住の生活インフラが充実していることから、「一生住み続けたい沿線」 「いつかは住んでみたい沿線」として人気が高く、関西地域の中でも特に人口集積度が高いという特長があります。

阪急沿線情報紙「TOKK」

map

阪急電鉄の全駅を中心に約400カ所で、毎号30万部を無料で配布しているフリーペーパーで、阪急電車がつなぐ街の頭文字、宝塚の「T」、大阪の「O」、神戸の「K」、京都の「K」をとって、名付けられました。阪急沿線情報紙「TOKK」は、1972年の創刊以来、沿線の皆様にとってなくてはならない身近な生活提案メディアとして発展してきました。情報収集の手段が多様化する中で、これからもお出かけや暮らしに寄り添い、紙媒体の特性を生かした情報発信を続けています。

配布場所・発行部数について

map

阪急沿線情報紙「TOKK」は、宝塚・大阪・神戸・京都を結ぶ阪急電鉄の全駅に設置されており、沿線利用ユーザーに向けたダイレクトな訴求に適しています。その他、能勢電鉄や山陽電車、北大阪急行電鉄などの主要駅や阪急阪神グループ商業施設、ホテルなどを含む約400ヵ所に月1回、毎号30万部を配布しています。

設置・配布場所
・阪急電鉄全87駅及び接続線(能勢電鉄・神戸電鉄・山陽電車など)
・阪急阪神グループ施設(阪急バス・百貨店・商業施設・ホテル・映画館など)
・京阪神の観光案内所・博物館・美術館・アミューズメント施設など

発行:毎月25日
部数:30万部
形式:タブロイド版/オールカラー/16〜24ページ
※都合によりページ数が変更になる場合があります。

阪急沿線情報紙「TOKK」
詳細資料ダウンロードはこちら

Web TOKK

map

WebTOKKは、2022年に50周年を迎える阪急沿線情報紙「TOKK」が運営するライフスタイルメディア。阪急沿線のイベントや、お出かけ情報を中心に沿線の魅力を発信しています。阪急沿線にお住まいの方に長年親しまれている阪急沿線情報紙「TOKK」の掲載情報をはじめ、阪急沿線のみならず関西域のお出かけ情報や、阪急沿線を中心としたニュースやグルメ、暮らしに役立つ情報、紙面に掲載しきれなかった沿線のニュースやグルメスポットなど、ローカルな情報をいち早く伝えます。

2020年3月の立ち上がりから約1年で、累計85万ユーザー、150万PVを突破しました。京阪神在住のアクティブで消費意欲の高い30~50代男女を中心に閲覧されています。

記事はグルメ、ショッピング、イベントなど11のカテゴリにわたってライターが執筆。広告メニューは記事タイアップ広告・バナー広告・デジタル×ペーパー広告の3種類をご用意しています。

https://tokk-hankyu.jp/

Web TOKK
詳細資料ダウンロードはこちら